アンサンブル・ソナーレの

ホームページにようこそ !

 

  アンサンブル・ソナーレは、世田谷区・杉並区をベースに活動している室内管弦楽団です。その成り立ちや活動ぶりについては、プロフィールをご覧ください。過去の演奏会については、20年にわたる実績をとりまとめたページを用意しました。

 

  ソナーレは、最近少しずつメンバーも増え、活動も充実してきていますが、まだまだ新しい方に入って来て欲しいパートがあります。管弦楽団で演奏したいと思っていらっしゃる方は、是非団員募集のページをご覧になってください。私たちの練習日程については、団員以外の方もご覧になれるようになっていますので、ご一報いただいたうえで、是非練習を見学に来てみてください。

 

  アンサンブル・ソナーレは、2018年9月に第34回定期演奏会を終えて、新着情報にある次回第35回定期演奏会に向けて練習を始めたところです。2019年5月25日には、調布の文化会館に私たちの演奏をお聞きに来ていただけることを、団員一同心からお待ちしています。


新着情報


定期演奏会の準備が着々と進行しています!         (2019年3月20日)

定期演奏会まで、あと2か月ほど、ソナーレでは着々と練習を重ねてきました。そうして、今日は我々の指揮者の飯塚先生と、オペラ・ハイライトに出演する歌い手の人たちの初顔合わせ。

 

オペラのアリアは、やはり歌い手の表現にオーケストラが寄り添って引き立てて行かなければなりません。主役は歌です。それで、指揮者は、それぞれの歌い手の人たちがどのように歌いたいのかを良く知り、それぞれの個性を汲み取って、オーケストラに準備をさせなければなりません。今日は、その情報収集のための顔合わせなんです。

 

ということで、この指揮者と歌い手の人たちの顔合わせは良い舞台づくりのためには欠かせない過程なのです。そして、ここではオーケストラの代わりに、歌を知り尽くしたピアニストが共同作業を助けてくれます。ありがとうございました。

4月になると、今度は歌の伴奏をオーケストラでする練習が始まります。一言で言って、歌はやはり楽器に比べてはるかに表現が弾力的で機械的な枠組みに入らないので、歌に音を寄せていくのは、協奏曲の伴奏をしている時以上にスリリングな体験です。

 

演奏会に足を運んでいただく皆様が、オペラハイライトで喜んでもらえることは確実。今日のピアノ合わせを傍聴しただけで確信したので、あとはオーケストラが足を引っ張らないように頑張るだけです!

 


第35回定期演奏会                    (2018年11月9日)

日時:2019年5月25日(土)14:00開演(13:30開場)
場所:調布市文化会館たづくり・くすのきホール
 

   入場無料(全500席自由席。ご入場は、先着順とさせていただきます。)

指揮:飯塚正己

 

 ■ ベートーヴェン コリオラン序曲 

 ■ ハイドン 交響曲第103番「太鼓連打」

 ■ モーツァルト オペラ・ハイライト (東京国際声楽コンクール提携プログラム)

  《モーツァルトのオペラに見る女たらしで情けない男たちと強くて優しい女たち》

 

ドイツを中心に広く活躍されて来たバリトン歌手の田辺とおるさんにモーツァルトのオペラに出て来る情けない男たちや優しい女たちについての秘密を教えてもらいながら、東京国際声楽コンクールで入選・入賞された7人の歌手の方々に、オペラのハイライトを歌ってもらいます。

お楽しみに!!!   

 

 第35回定期演奏会のページに、オペラ・ハイライトの配役他、詳しい情報を掲載しています。